スマホからiPhoneへの簡単電話帳移行!

AndroidからiPhoneデータ移行

現在Androidのスマートフォンを使ってる人が

もしiPhoneに切り替えたときの電話帳移行方法!

 

今年入ってからのiPhone5sたたき売り

ガラケーからやっとスマホにした人や、

 

今までAndroid使ってたけど安さに押されて

iPhoneデビューしちゃった!

という人が結構いそうですね(^^ゞ

 

 

 

ただiPhoneのデメリットといえば、

データの移行が難しい。

これが大きいんじゃないかなと思います。

 

PCやスマホを使い慣れてる人なら

PCを通しての移行などでさくさくと

データを移してしまう人が多そうですが、

 

そうでない人は

電話帳すら移せない場合が多いですね。

お店では有料のサポートとかを付けないと

やってもらえないし…。

 




 
そんな方のために!

めっちゃ簡単に電話帳を移す方法を 書いておこうと思います。  

 

まず今回は既にAndroidのスマホを使ってて

iPhoneに乗り換えちゃった!という人向けの方法。

 

準備するもの

 

・今まで使っていたAndroidのスマホ

・Apple IDを設定したiPhone  

 

これだけ   Apple IDを設定するまでが少し時間がかかるかも

(キャリアの説明書見ながら頑張って!)  

 

手順 1

  まずは、 今まで使っていたスマホをWi-Fiに接続する  

Wi-Fiに接続すれば契約が無くてもネットに繋げるので

さくさくっと設定からWi-Fiに接続 自宅の無線LANでも公衆無線LANでも

テザリングでもおk  

 

手順 2

  Wi-Fiに繋いだスマホで

Playストアから「JSバックアップ」を インストールして起動する

JSバックアップ  

 

手順 3

  同意するを選択し 簡単データ移行をタップ

JSバックアップ 簡単データ移行  

 

手順 4

  データを取り出すをタップしスタートを選択

JSバックアップ データを取り出す   JSバックアップ JSバックアップ データを取り出す スタート  

 

復元の必要なパスワードを入力すると バックアップが始まる

JSバックアップ パスワード  

 

JSバックアップ QRコード

バックアップが完了するとこんな画面になり QRコードが生成される  

 

手順 5

  今度はiPhoneでも

APPストアから 「JSバックアップ」をダウンロード

JSバックアップ  

 

手順 6

  さっきと同じ簡単データ移行をタップし データを取り込むを選択

JSバックアップ データを取り込む

データを取り込むを選択すると QRコードの読み込みの画面になる  

 

手順 7

  先ほどのスマホで生成したQRコードを iPhoneで読み込む  

バックアップの際に設定したパスワードを 入力すればデータ移行完了!

 

 

  めっちゃ簡単でしょ!(笑)    

 

Sponsored Links

これで電話帳は移せるので

最低限のことはできるのではないでしょうか!

 

ちなみに画像の移行はPCを通すか、

簡単なのはDropboxを使うのが一番簡単かな。

 

設定していおけば自動で同期するし。

 

簡単な画像の移行方法の Dropboxの詳しい使い方はこちら!

故障や機種変更の時も安心! 無料のオンラインストレージ    

 

これでサクッとデータを移して

楽しいスマホライフをお楽しみください(゚д゚)

 

5

いつも応援ありがとうございます(^-^)


logo

あわせてに読みたい関連記事

タグ

このページの先頭へ

イメージ画像