スマホって電池って持つの?

スマホの電池

機種変更するときに

やっぱりこれが一番気になるんじゃないでしょうか。

 

『スマホって電池すぐなくなるんでしょ?』

今までで一番質問されたのがこれだと思います。(´・ω・‘)

 

せっかくスマホに変えても電池持たなかったら

がっかりしちゃいますもんね。

 

確かにスマートフォンの出始めから去年の夏モデルあたりは

正直ひどかったです

 

まぁ半日しか電池が持たないとかザラでしたね。(^^; (笑)

ひどいものだと何もしてないのに3時間しか

充電が持たないなんて物も・・・。

 

しかし、今の出てる去年の冬モデルあたりからは

だいぶ電池に関しても改善されてきて1日~2日あたりは

電池が持つようになりましたね。(`・ω・´)

 

じゃあ電池が持つかどうかって何で見極めればいいの?

 

主な判断基準としては、

バッテリー自体の容量

連続待ち受け時間

連続通話時間

などがありますが

 

この中で私が一番重要視するのは連続通話時間ですね。

機種によって消費電力の違いが結構大きいので

ここは見ておいたほうがいいです。

 

どんなにバッテリーの量が多くても、

待ち受け時間が長くても、

実際の使用できる時間が短ければ

あまり意味はないですものね。(´・ω・‘)

 

これが大まかな判断基準なんですが、

実際メーカーの方は結構

数字を盛ってると思ったほうがいいです(^^;

 

あとは実際にお店に出てる機種に触ってみて

バッテリーが熱くならないか触ってみてください。

 

バッテリーが熱くなるということは

その分消費電力がものすごいということなので

選ぶ際に大きな判断基準になります。

こんなところですかね(・∀・)

 

後は工夫次第で電池は長持ちさせられますので

その工夫の仕方はまた今度の記事で(`・ω・´)

5

いつも見てくれてありがとうございます(^-^)


logo

あわせてに読みたい関連記事

タグ

このページの先頭へ

イメージ画像